長さ出し、補強について

当HPをご覧いただきましてありがとうございます。

補強というのはオプションをつけてまでの効果が実感出来れば良いのですが、他店様での経験であまり実感がなかったとの体験をサロンで雑談いただいたこともございます。そこでよく使う指だけ折れにくいように短く整えておくだけで解決するという場合もありますが、長さが揃っていた方がきれいですよね♪必要なお手入れかどうかのアドバイスとして目で見て分かり易い写真を集めました。参考になりましたら幸いです。

当店ではお爪の亀裂や長さ出しについて、1本だけの部分補強を承っております。シルクなどを貼るソフトな補強はその場しのぎとなってしまう可能性があるのでお勧めせず(※1写真)、3週間から1か月保てるような、あえて一番硬いアクリルを使った補強(※2写真)、又は硬めのジェルを使用した補強をお勧めしています。

※1シルクやファイバーを貼る亀裂の保護の一例
(あまりお勧めではない)

下記は仕上がりがナチュラルだとよくお声をいただいている補強です。補強力が強い為付けたまま放置をお勧め出来る処置ではありません。トラブルに発展しない様に今後のメンテナンスも視野にいれて、されるかのご判断をお願いいたします。

※2アクリルを使った補強は強い為長さを出す事も出来ます。

よく使う指にオーダーをいただく事が多いです。ご検討くださいませ^^

割れ爪のレベルによってはジェルでの長さ出しをお勧め出来る場合もございます。

冒頭お伝えしましたが、補強力という点ではジェルネイル自体にも効果があります。亀裂の入り方、位置によってはそのお指だけお爪を短くされ、今後自然に伸ばして育てていくという考え方もシンプルです。

なぜ短くしなくてはいけないかというと、こうなってしまう例もあります。お写真ご用意出来たのでご覧ください。

長さを揃える場合、実は近年私の方でシルクでない、アクリルでもない、ジェルの付け方でお役に立てると思います。ジェルですと見た目の違いが無い為お写真がご用意出来ません。他店様施術で補強でお悩みの方がいらっしゃいましたらサロンで直接サポートさせていただきますのでぜひ一度当サロンへお越しください♪お写真のご用意出来ないジェル補強のお試しは無料とさせていただきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました♪